超ブラックでも借りれる消費者金融・銀行は?

ブラック融資

超ブラックがお金を借りるならどこがいい?

超ブラックでも借りれるのは消費者金融、銀行、どこを利用すれば良いのでしょうか?

結論から言うと、お金を借りる場所は

  1. 今すぐにお金が必要で即日融資を受けたい人
  2. とにかく低い金利で借りたい人
  3. 気軽にお金を借りたい人
  4. 消費者金融や銀行以外の借入先を知りたい人

など人によっておすすめの場所が異なります。

そのため、この記事では安全に超ブラックでも借りれる場所を紹介しつつ、使用用途に応じたおすすめの借入先を紹介していきます。

今すぐお金を借りるなら即日対応のカードローン

銀行カードローンと消費者金融を比較した場合、消費者金融の方が審査に通りやすいと言われていますが、実際に通過率を見るとやはり消費者金融の方が高い傾向にあります。

消費者金融の審査通過率が高い理由は幾つかありますが、原因として審査に費やす時間の違いによるものが大きいです。

消費者金融は最短即日の融資を売りにしていることが多く、審査に費やす時間が1日未満と銀行よりも短いです。対して銀行は、2017年以降審査を慎重に行うようになったため、最低でも1日以上審査時間があります。

 審査基準の違いもありますが、低金利で借りられる銀行カードローンの方がリスクを回避するため返済能力を重視する傾向にあり、審査を丁寧に行って、申込者の情報を隅々まで確認しています。

消費者金融なら即日融資が可能

消費者金融系のカードローンは、担保や連帯保証人が不要で、即日融資に対応しています。審査時間は最短30分で、お金を借りる方法の中では最速のスピードです。

また、web契約を利用すると、スマホひとつで申し込みから借り入れまで完結するので、自宅にいながらお金が借りられるのも嬉しいポイントです。

銀行の営業時間外や土日、祝日といった日でも、インターネットから申し込みを済ませることで、無人契約機でカードを受け取り365日の即日融資が可能となります。 ※それぞれの金融会社で営業時間は変わります。
大手消費者金融会社のアコム、プロミス、アイフルは月別に契約率のデータを公表しています。そこで2018年7月から12月までの半年間を比較してみました。
アコムプロミスアイフル
2018年7月41.6%44.6%45.3%
2018年8月43.7%46.4%46.0%
2018年9月43.4%45.9%46.3%
2018年10月45.0%47.0%45.9%
2018年11月44.7%45.9%45.5%
2018年12月43.7%43.4%42.8%
6か月平均43.7%45.5%45.3%

ブラックリストが明日までにお金が必要な場合

延滞が続いてブラックになったり、債務整理を行ってブラックになったりした人の場合は5年から10年が経たないと、新規で借りることはできません。

また大抵の場合は、"債務が解消してから5年から10年"なので、延滞の残金がまだ残っている場合などは基本的に借入ができません。

更に債務整理などをした場合は、対象となったカードローン会社では二度と借りることはできないので注意が必要です。

ブラックリストの人はどうしたら?

ブラックリストに載っているということをどう判断するかは各業者次第ですが、基本的に大手銀行カードローンや消費者金融はその手の申し込み者を敬遠します。

そのため、「ブラック融資OK」と言ってくれる相手は必然的に中小の消費者金融の中からということになります。

超ブラックでも借りれる街金・中小消費者金融

  • 今日中にお金が必要だけど、銀行カードローンや大手消費者金融の審査に自信が無い
  • 銀行カードローンや大手消費者金融の審査に落ちてしまった

このような人は中小消費者金融(街金)を検討してみましょう。

大手消費者金融と中小消費者金融の独自審査の最大の違いは「属性スコアリング」の行い方です。

大手消費者金融では申込書に入力した内容をコンピューターによる自動審査でスコアリング、つまり採点をしています。

お金を借りるところ大手カードローン中小消費者金融
審査の特徴最初は自動診断最初から人の手で審査
審査落ちする人の特徴信用情報に傷がある
借入件数が多い
借入総額が年収の3分の1

大手消費者金融だからこその膨大なデータをもとにした採点です。審査が早いという大きな特徴がありますが、悪い言い方をするとそれは機械的なもの。

一方、中小消費者金融では自動審査ではなく審査を行うスタッフが個人信用情報機関での情報と、申込書に記載された内容、そして来店をする場合にはその人柄等もよく考慮して判断をしています。

関連記事【2ch】ブラックでも借りられる消費者金融の口コミ評判【5ch】

 機械ではなく人の目で審査することによって「なぜ必要なのか」「どのように返済をしようと考えているのか」と事情を説明することができます。ただし審査がある以上、絶対借りれるカードローンは存在しないので注意しましょう。

街金と闇金との見分け方

ただし銀行カードローンやアコムやプロミスなどの大手消費者のカードローンと比べると、中小消費者金融は知名度が落ちます。

そのため、名前に馴染みがない業者が多く、本当に安全な街金なのか、それとも闇金なのかの区別がつきにくい部分があります。

参考:ヤミ金(悪質業者)の検索「日本貸金業協会」

日本貸金業協会のホームページを利用しましょう。日本貸金業協会の公式サイトには「闇金業の検索ページ」があり、どの消費者金融が悪徳業者なのかリサーチできます。

超ブラックでも審査なし?個人でファクタリングする方法

中小消費者金融とはいえ、借入れの審査があることには変わりないし、やっぱり不安…

そんな方におすすめなのが給料ファクタリングというサービス。

簡単に言うと、まだ支給されていないお給料をファクタリング会社が買い取る事により、最短で即日入金してくれるというサービスです。

将来の労働を担保にした「給料の前借り」とは違うので、後から利息付きの返済を迫られることもありません。

  • 金融機関と審査方法が全く違うので超ブラックでも借りれる
  • 融資ではないので負債にもならず、信用情報に傷がつかない

という点がカードローンとの最大の違いと言えるでしょう。

何と言ってもブラックでもOKと公言しているサービスですから、カードローンの審査に通るか不安…という方は検討してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードなら超ブラックでも借りれる場合がある

クレジットカードなら超ブラックでも借りれる場合があります。対策として「クレジットカードのキャッシング枠」でもお金の借り入れが可能です。

多くのクレジットカードには、キャッシング枠をつけることができます。

キャッシング枠をつけておけばいつでも好きなときに、ATMや振込ですぐに借り入れすることができるのです。

クレジットカードのキャッシング枠の注意点

クレジットカードのキャッシング枠を利用するときは、以下の点に注意しておくようにしてください。

  • 金利が18.0%固定というところが多く高い
  • 限度額はショッピング枠と共通になる

クレジットカードのキャッシング枠の金利は18.0%固定ということがほとんどです。

    金利18.0%というのは、消費者金融の上限金利の相場とおなじですので、かなり高めの金利です。

    とくに上限金利の相場が14.5%付近の銀行カードローンと比較すると、あきらかに高いです。

    また、限度額がショッピング枠と共通になる点も要注意です。

    例えば、ショッピング枠60万円でキャッシング枠20万円の場合、ショッピング枠60万円の中にキャッシング枠20万円が含まれることになります。

    そのため、10万円キャッシングすると、ショッピング枠が50万円になります。(もちろんキャッシング枠もあと10万円になる)

    こうした特徴があるので、気をつけて利用しないとすぐに限度額いっぱいまで使ってしてしまうので要注意です。

    クレジットカード現金化という手もあるが…

    誰でも急な出費で今月ピンチということはあると思いますが、そんな時に便利なのがクレジットカードのショッピング枠を現金化するという方法です。

    これは一般的にクレジットカード現金化と呼ばれる方法で、クレジットカードにあらかじめ付帯しているキャッシング枠ではなく、本来は買い物の支払いに使用するショッピング枠を使用し現金化を行うというところがポイントのようです。

    ただ使いすぎは支払いが伴うことなので注意が必要ですし、頻繁に現金化を行うと思わぬトラブルになる場合も考えられるのでおすすめは出来ません。
    キャッシングはしたくないから現金化を考えている人は1度本当にそれが必要なのか考えて、計画的に必要な金額だけを利用するようにしましょう。

    超ブラックでも借りれる場所を探す際にするべきこと

    ここまで、超ブラックでもお金を借りれる業者を紹介してきましたが、そもそも自分の信用情報がどうなっているか確認はしていますか?

    焦って超ブラックでも貸してくれる業者を探してしまいがちですが、まずは自分が本当にブラックであるのか確認しましょう。

    自分の個人信用情報を調べる実際の開示手続きの手順

    自分の個人信用情報を調べる方法として情報開示方法は3つあります。

    1. 窓口開示
    2. インターネット開示
    3. 郵送開示

      また、開示手続きにあたっては以下が必要となります。

      • 信用情報開示申込書(申込者本人用)
      • 開示手数料
      • 本人確認資料

        開示の方法を、各機関ごとの方法を簡単な表にまとめてみました。

        機関名開示方法手数料
        CICインターネット1,000円(クレジット決済のみ)
        郵送1,000円(定額小為替証書)
        窓口500円(現金)
        JICCインターネット1,000円
        郵送1,000円(定額小為替証書かクレジット決済)
        窓口500円(現金)
        KSC郵送のみ1,000円(定額小為替証書)

        自分の信用情報を調べるだけなら500円から行える

        自分の信用情報を調べるなら最も割安に信用情報を開示できる方法としては、直接窓口に出向いてその場で開示をしてもらうことです。

        KSCには窓口がありませんが、CIC・JICCはいずれも本人確認書類と現金500円でOK、当日開示できるため郵送の手間もありません。

        【注意】本人確認書類は必要

        信用機関情報は重要な個人情報なので、本人確認書類が必要となります。

        • 運転免許証
        • マイナンバーカード(個人番号カード)
        • パスポート

          などが身分証明書として利用できます。

          信用情報の登録期間はいつまで?

          信用情報の登録期間はこのようになっています。

          例えば長期延滞すると事故情報として信用情報に掲載されてしまいますがそれぞれの信用情報機関によって、登録される期間は異なります

           JICCCIC全銀協(KSC)
          延滞の有無・発生日延滞解消から1年延滞解消から5年延滞解消から5年
          自己破産5年5年10年
          個人再生5年登録されない10年
          任意整理5年登録されない登録されない
          申込6ヶ月6ヶ月6ヶ月
          契約・借入・返済5年5年5年

          三機関とも、申込に関しては6ヶ月、契約・借入・返済に関しては5年と、すべて保管する期間は同じになっています。

           金融事故の保管期間は、目安として5年~10年です。長期延滞でも借りたいという人は、この期間をあけて申し込みしたほうが良いでしょう。

          超ブラックで返済が難しいなら債務整理も考えよう

          信用情報を見たうえで超ブラックで借りれそうにないなら債務整理を検討しましょう。

          債務整理をすれば審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社の審査に通らなくても、借金の返済額を減らせるからです。

          任意整理弁護士・司法書士が金融業者と交渉して、借金の減額や金利の引き下げをする手続きのこと。
          個人再生
          (民事再生)
          裁判所に申し立てをして、借金を減額する手続きのこと。
          自己破産裁判所に破産の申し立てをして、借金の返済義務を免除してもらう手続きのこと。(手続き時、住居や自動車などの財産を手放す必要あり)

          たとえば、個人再生を認められた人は、借入残高を5分の1ほどに軽減できる傾向があります。

          ただし、債務整理をした人は5年~10年間信用情報に傷がつくため、住宅ローンや自動車ローンなどの審査に通りません。

          債務整理を検討する人には、弁護士や司法書士などの専門家に相談しながら、今後の人生設計を踏まえて手続きを進めることをおすすめします。

          買取を利用して即金を作る

          即金を作る方法は、何も借金するばかりではありません。

          短期間で即金を作るには「自分が持っている高級ブランド物を売る」事も方法の一つです。

          即金が必要でなおかつ少額なら、不用品を売却して即金を作る方法が手っ取り早いです。

          例えばグッチ・エルメス・シャネル・ロレックスetc...など、海外の有名ブランドが販売するバッグや財布、アクセサリーなどを買取業者に売る事も、今すぐ即金を手に入れることができます。

          カードローンで借りれなかったような人でも審査自体がないので安心して利用することができます。

          もちろん金融機関から即日でお金を借りるわけではないので審査を受ける必要もなく、信用情報に記録が残ることもありません。

          ブランド品にこだわらずとも、パソコンやテレビなどの電化製品・楽器類・着なくなった洋服なども、質によっては超ブラックでも短期間で即金を作る事が出来るでしょう。

          超ブラックでも借りれるグレーな方法

          即金を作る方法としてこちらの方法を薦めているサイトがありますが危険です。

          注意換気のために書きますが、こちらは絶対に実践しないでください

          ソフト闇金・個人間融資記事板

          個人間融資とは掲示板やSNSを通して個人から即金を借りる方法です。
          実際に個人融資で検索してみると、多くの個人融資掲示板が表示されるようになっています。

          またTwitterなどのSNSでも、個人融資で貸し付けを行っている人たちを探すことができます。

          しかし個人融資の場合、正規の金融機関から借りるよりも断然金利は高く、中にはソフト闇金が紛れ込んでいる可能性あります。

          「超ブラックでも借りれる」甘い言葉に注意

          超ブラックでも借りれると謳われていても闇金でお金を借りるということは絶対にしてはいけません。

          ソフト闇金や闇金でお金を借りていけないということはわかっているから大丈夫、と思っている人もいるでしょう。

          しかし、闇金はあの手この手で近づいてきます。知らないうちに借りてしまっているということもあるのです。

          軽い気持ちでお金を借りると人生を狂わすことになりかねないので、借り入れ先は慎重に選ぶようにしましょう。