昨今の情勢で審査殺到中!借りれなくなる前にお早めに!

ぽちスマ君

↑↑詳細はこちらをクリック↑↑
※トライフィナンシャルサービスとの同時申し込みはできません。

ブラック融資

多重債務・借金まみれでも借りれる?

多重債務・借金まみれでも借りれるカードローン・キャッシングはないの?

カードローンなどの場合、大抵の人は1社か2社から借り入れしているという人がほとんどですが、中には借金をしたそのお金で別の借金を返済するといういわゆる自転車操業をした結果3社以上から借りている人もいます。

これが属にいう多重債務者といわれる人の典型的な陥り方であり、こうなってしまうと常に返済に追われて普通の生活を送ることが難しくなってしまいます。

多重債務となったときに考えるのがおまとめローンだと思いますが、3社以上から借入していると借入金の総額は多額になっていることがほとんどです。

ですが、超ブラックでも借りれる消費者金融はありますし、銀行でもおまとめローンといって3社以上からの借入している場合でも借りることはできます。

総量規制オーバーでも借りれる消費者金融はあるが借り入れ4件以上は危険

多重債務でも借入先があることは分かったものの、総量規制オーバーでも借りれるのかというと、結論から言うと総量規制オーバーでも借りれる消費者金融はあります。

ですが借り入れ4件以上のブラック融資は危険です。

というのも3社以上借入している人の中には5社や6社から借り入れしている人もいますが、多重債務や借金まみれでも借りれるおまとめローンは最大で5社が限度であるといわれています。

最大5社ですので、よほど信用や年収がなければほとんどの場合には5社すべてをまとめられる金額を借りることはできません。

なので、多くても4社が限度であると考えておく方が無難です。

また、5社といってもそれぞれから借りている金額は違うので、年収に対して借入金の総額がどれくらいあるのかが重要となります。

関連記事総量規制対象外で借りれる街金【ローンの種類と条件とは】

多重債務・4社以上でも借りれるところはないの?

カードローンを2社から借入していると聞くと借り過ぎなのではと思う人も多いと思いますが、実は意外と多くの人が2社から借入しています。

銀行で2社や消費者金融で2社、銀行と消費者金融で1社ずつなどさまざまな組み合わせで2社から借入しているケースがほとんど。

とはいえ4社というのは新たにキャッシングを申し込んでも審査落ちするケースが多いので、ここまでくるとおまとめローンを検討した方が良いかもしれません。

関連記事お金借りれない相談先はどこ?【状況別の相談先まとめ】

複数社から借りていても審査が通りお金を借りれる可能性があるキャッシング・消費者金融

多重債務でも借りれるのかと気にする人は多いですが、パートやアルバイトで収入を得ている人も2社から借りいれしている人は多いです。

とはいえ2社からの借入といってもその人の職業や年収によって借入の総額は大きく異なります。

ここからは複数社から借りていても審査が通りお金を借りれる可能性があるキャッシング・消費者金融を見て行きましょう。

関連記事個人でお金貸します掲示板の実態と危険性を調査!

多重債務・借金まみれでも借りれる可能性がある消費者金融①キャッシングアロー

多重債務・借金まみれでも借りれる可能性がある消費者金融のキャッシング アロー。

アローは、自社で独自の審査をしているため、銀行や大手消費者金融会社ではなかなか審査が通らない延滞した方やブラック、債務整理や自己破産をした人でも積極的に融資を行っているという噂あります。

アローは最短45分で審査が終了する驚異的なスピードが特徴ですが、ただし現在進行形で他社のキャッシング・カードローン・消費者金融会社で返済を滞納していると審査が通らないので注意。

多重債務・借金まみれでも借りれる可能性がある消費者金融②カードローンセントラル

多重債務・借金まみれでも借りれる可能性がある消費者金融がカードローンのセントラル。

セントラルは1973年創業の老舗消費者金融会社です。本社は愛媛県松山市にありますが、全国振込対応しています。

セントラルでは銀行や大手消費者金融会社では借入が難しい、延滞やブラックの方・債務整理や自己破産をした人でも審査対象としています。
大手に出せない特徴で積極的に融資を行っているブラックキャッシング即日極甘審査ファイナンスです。

多重債務・借金まみれでも借りれる可能性がある消費者金融③消費者金融のフタバ

多重債務・借金まみれでも借りれる可能性がある消費者金融だと2chなどで口コミが多数確認されている金融会社キャッシングのフタバです。

長期延滞でも借りれると噂のフタバは東京都千代田区に本社があり、1963年創業と大変歴史のある老舗消費者金融会社です。

「自己破産・債務整理等されている方もまずはお申し込みを!」とうたっているぐらい、他社に比べて積極的に融資をする姿勢を全面に出しています

老舗ならではの豊富な融資実績と経験から、延滞やブラックなど他社で審査が通らない人にもお金借りたい時に積極的に融資している消費者金融会社です。

限度額が50万円と少なめで気になる人もいるかもしれませんが、実際には中心となる借入額は20万円前後が中心になるため十分だと思います。

関連記事審査が甘いカードローンはある?【審査通過率を徹底検証】

多重債務・借金まみれでも借りれる可能性がある消費者金融④カードローンライフティ

多重債務・借金まみれでも借りれる可能性がある消費者金融で評判なのがライフティです。

ライフティは東京都新宿区歌舞伎町にある消費者金融会社で、他社で審査が通らない方にも積極的に融資を行っています。

1991年の創業ですが、親会社が「株式会社ビジネスパートナー」になったこともあり、2014年に商号を「ライフティ」に変えて再出発しています。

名前を変えて再出発のため、他社に負けない積極融資の姿勢を打ち出し、初めての方は35日間利息0円!などのサービスで競争に勝とうとしているとのこと。

最短30分で審査完了という、業界でもトップレベルのスピードです。また、おまとめローンにも注力しているため、複数社から借入がある方はぜひ申し込んでみてください。

なお、株式会社ビジネスパートナーは、法人・個人事業主向けにファイナンスリースやビジネスローンを行っている業界では大手企業です。親会社がしっかりした会社というのも安心ですね。

関連記事無審査でキャッシングできる消費者金融【即日融資も可能?】

多重債務・借金まみれでも借りれる可能性がある消費者金融⑤TRYフィナンシャルサービス

どこも審査通らない人でも借りれると噂の消費者金融ならTRYフィナンシャルサービスです。

キャッシング・消費者金融会社の株式会社TRYフィナンシャルサービスは東京の秋葉原にあります。TRYフィナンシャルサービスは、貸金業者としては2013年創業の新興・小規模な会社のため、大手や中小消費者金融会社に負けないように積極融資を行っています。

最短30分で審査完了という、審査の早さも嬉しいですね。また、おまとめローン(借換ローン)にも注力しています。

関連記事債務整理中でお金がない【新たな借り入れは可能?】

多重債務・借金まみれでも借りれる可能性がある消費者金融⑥アルコシステム

多重債務・借金まみれでも借りれる可能性がある消費者金融であるアルコシステム。

創業1983年と老舗にあたるアルコシステムは姫路に本社があります。振込キャッシングで人気実績ともにある消費者金融会社です。

銀行や大手の消費者金融会社、他社の中小消費者金融会社では審査が通らない方でも、お金借りたい時に親身になって審査し貸し出した実績が多数あるとのことです。

関連記事激甘審査の危険性【安全にキャッシングするために】

絶対借りれるおまとめローンはある?

多重債務や借金まみれでも借りれるおまとめローンを申し込むタイミングとしては2社から借入しているときが1番いいといえます。

2社からの借入をしている人は意外と多いと先ほど言いましたが、言ってしまえば多重債務者の一歩手前である状態と言えます。

つまり多重債務者予備軍のような人たちであり、2社からの借入を続けていくと段々に自転車操業となり3社、4社と増えていく場合もあります。

本当の多重債務者とならないためにもおまとめローンを借りるのは2社から借入していて、かつ2つのカードローンの利用限度額を目一杯利用している場合が1番いいタイミングであるといえます。

関連記事どこも借り入れできない場合の対処法【ブラックでも借りれる?】

多重債務・借金まみれの人がおまとめローンを借りるメリット

多重債務・借金まみれの人がおまとめローンを借りるメリットは、

  1. 審査が通りやすい
  2. 借入額が比較的少ない
  3. 返済期間が短く済む

ということが挙げられます。

借入が2社である場合の一般的な借入総額は50万円~100万円であり、きちんと返済をしてきている人であれば審査は比較的通りやすいといえます。

また、このくらいの金額であれば多重債務・借金まみれの人でも銀行のカードローンをおまとめローンとして利用する場合であっても最初から希望する利用限度額の借入ができる可能性もあります。

消費者金融のおまとめローンで返済していくにしても、借入金額が少ないのであれば金利が高い場合であっても返済期間を短くすることによって金利の負担は少なくすることができます。

多重債務でも借りれる銀行ローン

3社以上のローンをまとめる場合でも銀行のローンで借りることはできます。

銀行ではおまとめローンというまとめることだけを目的としている商品を提供しているところはほとんどありませんが、普通のカードローンやフリーローンをおまとめローンとして利用することができます。

消費者金融のおまとめローンと比べると審査は厳しくはなってしまいますが、借りることができれば低い金利で借りることができる可能性もあります。

ですが、申し込みをする際にはその申し込みがまとめるためのもの(借り換え)としての申し込みであるということをきちんと申告しなければなりません。

申告しなかった場合には新たな借入であると判断されてしまい、すでに多くの借入がある多重債務者であれば審査に通ることはまずありません。

必ずおまとめローンとして利用することを伝えたうえで申し込みをしましょう。

多重債務・借金まみれでも借りれる可能性が高まる審査のポイントとは

多重債務・借金まみれでも借りれる為の審査のポイントは、「年収」と「信用」です。

年収は当然高ければ高いほど審査に有利となりますが、信用では主に「勤続年数」と「返済実績」が重要となります。

勤続年数が長ければ辞めて無職となるリスクが低いと判断されるので、勤続年数は最低でも1年以上あるほうが審査には有利に働きます。

返済実績は過去どのように返済してきたのかということであり、返済の遅れ(延滞)がなければ信用が高くなります。

多重債務でも完済実績を作ることでさらに信用が高くなる

返済実績が優良であれば審査に有利となりますが、さらに多重債務であっても完済実績があることによって信用が高くなります。

完済実績とは過去に借入したものをきちんと返済してしまったという実績であり、まだ完済したものが無いという場合にも少額のローンを完済させることによって実績を作ることができます。

審査が通らない理由は多重債務だけではないかも

多重債務であっても借りれるキャッシング先はありますが、審査に通らない(否決)場合、まずは通らなかった理由を考えなければなりません。

審査をする側はどうして通らなかったかということは教えてくれません。

しかし、通らなかった理由をきちんと把握していなければいくら申し込みをしたとしてもその後も審査に通ることは難しくなってしまいます。

また、申し込みと否決を数回繰り返していると「申込ブラック」と呼ばれる状況となり、さらに審査に通ることは難しくなってしまいます。

1度申し込みをして否決となった場合には最低でも6ヶ月は申し込みはせず、その間にきちんと理由を考える必要があります。

多重債務者が審査に通らない理由は延滞である場合がほとんど

多重債務者が審査に通らないほとんどの理由は延滞している、または最近延滞したというケースが多いです。

延滞は「忙しくて入金できなかった」などというのは一切通用せず、延滞は延滞として記録されてしまいます。

延滞をすることは「返済の意識が低い」や「延滞となるだけ返済が厳しい」という印象を与えてしまい、延滞があると審査では不利になってしまいます。

信用が低ければ審査に落ちる

借入が2社である以外の場合でも信用が低ければ審査に通らないということは普通のことです。

ですが、2社で借入している場合の信用は「返済実績」が大きく影響しているといえます。

借入総額があまり大きくない2社からの借入では毎月きちんと返済できているのかという点を特に重視します。

少ない毎月返済額で遅れ(延滞)があるようであれば、お金に対してルーズな印象を受けてしまいますし、そのような人に貸したいと思うところは少ないです。

借入が少ないからこそ、きちんと返済をしていくことによって信用は高くなり、延滞などせずに返済していくようにすることで初めて審査に通りやすくなるといえます。

自分で信用情報を調べてみよう

審査に利用される信用情報を管理する信用情報機関では本人に対して登録されている情報を開示しています。

審査に使われる情報を自分でも見ることができるので、その情報から審査に通らなかった理由を把握することも可能です。

自分の信用情報を照会するためには、信用情報機関所定の手続きを行うことによって見ることができます。

多重債務状態で借金を増やさないことが重要

多重債務で借金の返済すらままならないのにこれ以上借金を増やすのは間違っています。

中小消費者金融なら借入件数が多少多くても借りれるかもしれませんが、さすがに総量規制以上はおまとめローン以外では貸してはくれません。

たとえ総量規制以内だとしても、借入件数が4件以上になったらよほど返済能力がない限り借金を減らすことは難しいと言えるでしょう。

返済能力がないなら債務整理も検討を

おまとめローンは金額によっては返済期間が5年以上10年近くになる場合もあります。

長期間支払って行くには、収入から生活費全般を差し引いて十分返済できるだけの能力がなければなりません。

もし返済能力がないと思うのなら法律の専門家と相談しながら債務整理を検討するなど、違った方向で多重債務から抜け出す方法を考えてみましょう。

民事再生者でも借りれる金融機関はある

個人再生中でも借入できる中小の業者に多いのが「対面与信」という制度です。

大手の消費者金融業者ではwebで申し込みをして、その後無人契約機に行ってカードを発行してもらい、ATMで借入して返済もするというシステムになっています。

申し込みでも借入でも、返済でも担当者と直接会うということはしません。あくまでその人の個人情報や年収が与信力です。ここでは申し込みする人がどのような人間性なのかは問われません。

中小の業者が実施している対面与信とは、申込者が直接店舗に出向いて担当者と面談して審査するというものです。その人の人柄を審査の内容に盛り込むということです。

返済する能力があり、借りたお金は真面目に毎月返済する人であることが分かれば審査に通ります。その人の人間性を信じて貸すのが対面与信です。

なかには「どうして個人再生までしたのか?」「今後は大丈夫か?」などと説教のようなことをされることもありますが、それでも貸してくれることに変わりはないので安心して下さい。

多重債務や借金まみれでも借りれるところはある

多重債務や借金まみれでも借りれるところはあります。その理由としては、多重債務だからといって正式にはブラックなわけではないからです。

ただ借入件数が多い、または借金額が年収の1/3近くまであるという理由で審査に落とされることは多いです。

多重債務者は何ブラック化してしまう可能性が高く、そのまま放置してしまうと借金返済が出来なくなって金融事故として登録されてしまう可能性も大きいもの

ブラックになってしまうとおまとめローンを契約することはできなくなってしまいます。

そろそろ返済能力が限界かな、と思ったらブラックになる前におまとめローンで健全な借入に戻しましょう。