昨今の情勢で審査殺到中!借りれなくなる前にお早めに!

ぽちスマ君

↑↑詳細はこちらをクリック↑↑
※トライフィナンシャルサービスとの同時申し込みはできません。

ブラック融資

ブラックでも借りられる可能性がある金融会社・ブラックでも借りれる消費者金融ランキング

ブラックでも借りられる可能性がある金融会社をまとめました。

この記事をすべて読んでいただければ、「超ブラックでも借りれるか不安」と考えている人でも利用可能な借入方法がわかりますので、ぜひ興味のある部分だけでも読んでみてください。

関連記事どこも審査が通らない人の原因と対処法まとめ

関連記事絶対に借りれるカードローン【100%確実に借りるには?】

ブラックでも借りられる金融会社①キャッシングアロー

ブラックでも借りられる金融会社のキャッシング アロー。

アローは、自社で独自の審査をしているため、銀行や大手消費者金融会社ではなかなか審査が通らない延滞した方やブラック、債務整理や自己破産をした人でも積極的に融資を行っているという噂あります。

アローは最短45分で審査が終了する驚異的なスピードが特徴ですが、ただし現在進行形で他社のキャッシング・カードローン・消費者金融会社で返済を滞納していると審査が通らないので注意。

ブラックでも借りられる金融会社②カードローンセントラル

ブラックでも借りられる金融会社がカードローンのセントラル。

セントラルは1973年創業の老舗消費者金融会社です。本社は愛媛県松山市にありますが、全国振込対応しています。

セントラルでは銀行や大手消費者金融会社では借入が難しい、延滞やブラックの方・債務整理や自己破産をした人でも審査対象としています。
大手に出せない特徴で積極的に融資を行っているブラックキャッシング即日極甘審査ファイナンスです。

ブラックでも借りられる金融会社③消費者金融のフタバ

ブラックでも借りられる金融会社だと2chなどで口コミが多数確認されている金融会社キャッシングのフタバです。

長期延滞でも借りれると噂のフタバは東京都千代田区に本社があり、1963年創業と大変歴史のある老舗消費者金融会社です。

「自己破産・債務整理等されている方もまずはお申し込みを!」とうたっているぐらい、他社に比べて積極的に融資をする姿勢を全面に出しています

老舗ならではの豊富な融資実績と経験から、延滞やブラックなど他社で審査が通らない人にもお金借りたい時に積極的に融資している消費者金融会社です。

限度額が50万円と少なめで気になる人もいるかもしれませんが、実際には中心となる借入額は20万円前後が中心になるため十分だと思います。

関連記事【2ch】ブラックでも借りられる消費者金融の口コミ評判【5ch】

ブラックでも借りられる金融会社④カードローンライフティ

ブラックでも借りられる金融会社で評判なのがライフティです。

ライフティは東京都新宿区歌舞伎町にある消費者金融会社で、他社で審査が通らない方にも積極的に融資を行っています。

1991年の創業ですが、親会社が「株式会社ビジネスパートナー」になったこともあり、2014年に商号を「ライフティ」に変えて再出発しています。

名前を変えて再出発のため、他社に負けない積極融資の姿勢を打ち出し、初めての方は35日間利息0円!などのサービスで競争に勝とうとしているとのこと。

最短30分で審査完了という、業界でもトップレベルのスピードです。また、おまとめローンにも注力しているため、複数社から借入がある方はぜひ申し込んでみてください。

なお、株式会社ビジネスパートナーは、法人・個人事業主向けにファイナンスリースやビジネスローンを行っている業界では大手企業です。親会社がしっかりした会社というのも安心ですね。

関連記事審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社はある?

ブラックでも借りられる金融会社⑤TRYフィナンシャルサービス

どこも審査通らない人でも借りれると噂の消費者金融ならTRYフィナンシャルサービスです。

キャッシング・消費者金融会社の株式会社TRYフィナンシャルサービスは東京の秋葉原にあります。TRYフィナンシャルサービスは、貸金業者としては2013年創業の新興・小規模な会社のため、大手や中小消費者金融会社に負けないように積極融資を行っています。

最短30分で審査完了という、審査の早さも嬉しいですね。また、おまとめローン(借換ローン)にも注力しています。

関連記事絶対融資するなら消費者金融と銀行どっち?【総合案内所】

ブラックでも借りられる金融会社⑥アルコシステム

ブラックでも借りられる金融会社であるアルコシステム。

創業1983年と老舗にあたるアルコシステムは姫路に本社があります。振込キャッシングで人気実績ともにある消費者金融会社です。

銀行や大手の消費者金融会社、他社の中小消費者金融会社では審査が通らない方でも、お金借りたい時に親身になって審査し貸し出した実績が多数あるとのことです。

関連記事審査が甘い金融会社6選【口コミで噂の消費者金融まとめ】

申し込みブラックでも借りれる銀行は?ブラックでも借りられる金融会社を見極めるコツ

ここで紹介した業者以外にも、ブラックでも借りられる金融会社を探すためには、以下の3点に気を付けるといいでしょう。

  1. 大手より中小をメインに探す
  2. 「柔軟審査」等のアピールは要チェック
  3. ネットの口コミも参考にしよう

ブラックでも融資してくれる所は大手より中小

ブラックでも借りられる金融会社を探すポイントは、「大手の業者ではなく中小の業者をメインに探す」ということです。

消費者金融の利用者は知名度の高い大手に集中するので、中小消費者金融は「審査の通りやすさ」を武器にして、大手では審査に通過できなかった人を利用者として取り込んでいく傾向にあります。

「柔軟審査」等のアピールは要チェック

中小の業者の中からブラック融資してくれる所を探していくためには、審査に関して言及しているところをチェックするのが基本となります。

「柔軟に審査を行います」「お客様の事情に応じて審査を行わせていただきます」などの文言があるところは、画一的な審査ではなくそれぞれの申込者に合わせた審査を行ってくれていると推測できます。

絶対に借りれるカードローンはないのでネットの口コミを参考にしよう

審査に関するうたい文句が特にないような場合に頼りになるのはネット上の口コミです。

「ブラックの自分でも融資を受けることができました!」といったような実体験に基づいた口コミは、ブラックでも借りられる金融会社を判別するときの大きな助けになります。

ただし、口コミは飽くまでも口コミであり正確な情報ではない場合もあるので、うのみにして申し込みを行うことが危険な場合もあります。

ブラックでも借りられる金融会社は安心なの?

「ブラックの自分に貸してくれる業者なんて闇金じゃないの?」しかし安心してください、このページで紹介した中小消費者金融は闇金ではありません。

中小消費者金融がブラックでも貸してくれるのは、高金利なことや大半の申込者の属性が良くない人ばかりということが理由です。

決して、返済が遅れると嫌がらせをされたり職場にバラされたりするわけではありません。

極甘審査ファイナンスには注意【延滞ブラックでも借りれる・スーパーブラックでも借りれる】

ただし、以下のような文言は広告での使用が制限されています。このような文言を使っている業者は闇金である可能性があります。

  1. 無条件融資
  2. どこよりも簡単
  3. 極甘審査ファイナンス

これは法律で決められていることなので、もし破っている業者があれば、その時点で違法な業者だということが分かります。

延滞ブラックでも借りれる・スーパーブラックでも借りれるなんてことは公式は言いません。そのような怪しいことを書いているのは間違いなく闇金ですので注意しましょう。

ブラックだからこそ借りられる国の金融機関

ここまでは「ブラックでも借りれる中小消費者金融」を紹介してきましたが、世の中には「ブラックだからこそ借りられる国の金融機関」が存在します。

正確には「お金がない人ほど借りやすい方法」といった方が良いかもしれません。

それが以下のような「公的貸付」と呼ばれるものです。

  1. 生活福祉資金
  2. 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度
  3. 年金担保貸付
  4. 国の教育ローン

公的貸付はお金に困っている人を助けるため制度ですので、収入が低いほど借入が有利になるものが多いです。

生活福祉資金

自治体の社会福祉協議会が実施する生活福祉資金貸付制度を利用してみてはいかがでしょうか。

引っ越し資金や入学金、就学金、生活の再建に必要な資金など、幅広い目的のためのお金を年0~1.5%の超低金利で借りられます。

社会福祉協議会の貸付対象者は以下の3点です。

  1. 低所得世帯
  2. 障がい者世帯
  3. 高齢者世帯

連帯保証人がいれば無利息で借りることが可能ですし、連帯保証人がいなくても年率1.5%という超低金利で借りられます。

貸付から申込から2週間程度かかりますので、時間に余裕がある方や消費者金融でも借りられない方、できるだけ低金利で借りたい方におすすめです。

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

母子家庭や父子家庭だけを対象に貸付を行うのが「母子福祉資金貸付」です。

利用目的は生活福祉資金と同じく幅広く、学費や医療費、生活資金だけではなく、事業を開始する際の費用としても使用することができます。

保証人がいれば無利息ですし、保証人がいない場合でも年1.0%の超低金利が適用されますので、利息が少なくて済むというメリットもあります。

母子家庭・父子家庭で、どこからも借りられずに困っているという人は、生活福祉資金よりも低金利な母子父子寡婦福祉資金貸付金制度を利用しましょう。

年金担保貸付で借りる

国民年金や厚生年金に加入しているなら、年金を担保として融資を受ける「年金担保貸付制度」が利用できます。

融資上限額は200万円、国民年金・厚生年金の契約者の適用金利は年2.8%、労災年金が適用されている場合の適用金利は年2.1%です。

ただし、低金利で高額融資が可能な公的貸付制度ですが、残念ながら2022年3月末に廃止されることが決まっています。

利用したい人は、制度廃止前に独立行政法人福祉医療機構年金貸付課もしくは年金担保貸付を取り扱う金融機関で相談してください。

国の教育ローン

使用目的が教育費用なら、国の教育ローンがおすすめです。国の教育ローンは、子供の人数に応じて「子供1人の場合の世帯収入は790万円以下」のような条件が決められており、一般の金融機関とは逆に収入が多い人は利用出来ません。

さらに、収入が一定以下なら本来の年1.71%から年1.31%に金利が下がり、有利な条件で借りられるようになっています。

お金に困っている人が利用できるように配慮されているので、他では借入が難しい人でも利用が可能です。

ブラックでも借りられる金融機関はある

ブラックでも借りられる金融機関をまとめて行きましたが、中小消費者金融の申込者には属性の良くない人が多いので、今回紹介した中小消費者金融なら借り入れできる可能性があります。

今回紹介した以外にも中小消費者金融はたくさんあるので、自分で選ぶ際には、口コミや各業者の公式サイトを見ればブラックでも借りやすいかどうかをある程度判断することができます。

また、公的な借入方法は、通常の業者では借り入れが難しい人ほど有利な条件になっていたり、借入が難しい人を対象にしている物が多く、ブラックだからこそ借りられる方法といえます。

通常の業者からは借り入れができない人は、公的貸付の利用を検討してみましょう。

関連記事どこも借りれない人の為のキャッシングはある?

関連記事借金があっても借りれるカードローンはある?【審査に通るコツ】